フワフワ~

すみれ組のシャボン玉あそび。3回目となる今日は “手に持つタイプ” を用意してもらいました。 これまではストローで拭くシャボン玉でしたので、特別感もあってテンション・アップ(笑) 最初のうちは力加減が難しかったようですが、徐々に慣れてくると大きなものや一度に大量のシャボン玉を上手に飛ばすことができるようになりました。 楽しそうでしたよ(^^♪

癒されます(^_-)

7月も残すところあと数日。お日様が恋しいですね(^_^;) そんな時は、もも組0才児クラスの皆さんに癒してもらいましょう。 ちょっとお休みしている子もいますが、8月にはまた仲間が増える予定です(^^)v

夏の訪れ

梅雨明けはまだのようですが、多少気温も高くなってきましたね(^^ゞ 今日は、みんなに『とうもろこしの皮むき』をしてもらいました。これも指先を駆使するのにもってこいのお手伝いです(^^)v 1枚1枚皮を剥いで、中から黄色の粒つぶが顔をのぞかせると「出てきた~!」と歓声(笑) 根元の部分も「かたっ!」と言いながら、気合一発でポキッと折れる子もおりました。 個人的には、この光景を目にすると “夏の訪れ” を感じるのであります。 頑張って剥いた45本のとうもろこし。おやつに、みんなで美味しくいただきました(^^♪

「地震です」

月に一度の避難訓練。この日は地震が発生したことを想定しての訓練でした。『ガタガタ』と擬似的な音をならしながら、テーブルの下や押入れなどに隠れて頭を守ります。 これまで何度も経験がある大きいクラスの子たちは、音が聞こえただけで素早く行動することができますが、なぜ机の下に入れられるかまだ理解の難しい子にとっては苦痛だったかも知れません(^_^;) ただし、地震もいつ起きるか分かりませんので、いろいろなことを想定・予測しながら、安全を確保するための訓練に取り組んでいきたいと思います。

ボク、ワタシ

さくら組の今年度2回目となる “手話教室” です(^^)v この日は、僕、私、お父さん、お母さん…など家族の表し方のほか、5種類の『色』や、トマト・イチゴなど赤い色の食べ物の手話表現について学びました。 先生の手の動きをじっと見て真似することが基本になりますが、同時に『思いついた事柄をすぐ口に出さないこと』や『姿勢を正して座るようにすること』などについてもご教示いただいています。 就学前、今から身につけておきたい大切なことですからね(^_-)

つながれ つながれ

7月13日は、月に一度の “集団あそび” の日でした。すみれ・たんぽぽ・さくら組と、年齢の異なるクラスの子ども達が、一緒に遊びを通じて交流します(^^♪ この日のプログラムは『ジャンケン列車』。じゃんけんで勝った方の後ろに負けた方がどんどん繋がっていくアレです(^_-) まだジャンケンの勝ち負けが分からない子には、やさしく教えてあげる姿もあったりと和やかムード。 終盤には、結構な長さの列車ができあがっていましたよ~(^^ゞ

7月の誕生日会

7月の誕生児10名のお祝いをしました(^^♪ 一人ひとりのインタビューでは、たくさんの子ども達や見学に来られたお家の方を前に、恥ずかしがることなく、練習よりも立派に(笑)ハキハキと受け答えする姿が随所に見られました。 先生達からの出し物は、動物のクイズや雷さまが登場するシアターなど小さなクラスの子にもわかりやすい内容だったので、それぞれに楽しむことができたようです(^_-) ホールでの会食は “七夕” にちなんだメニューが並び食欲も倍増(^^)v さらに、デザートのスイカを丸の状態から切り分ける実演も披露され、子ども達は興味津々です(@_@;) 普段はカットしたものを目にすることがほとんどですが、手際よく包丁でサクサクと切り出されていく様子にじっと見入り、その後は皮の白いところまで食べつくす皆さんでした(笑)

笹の葉さらさら

早いもので、もう七夕の時期。梅雨空ではありましたが、月曜日でしたので『七夕集会』と銘打って季節の行事にふれました。 定番 “織姫と彦星” のパネルシアターを鑑賞したり『たなばたさま』の歌をうたって雰囲気もいい感じ(^^♪ その後は、それぞれの願い事をしたためた短冊や、折り紙等で作った飾り物を笹に飾り付け。 きれいな七夕飾りが出来上がり、園内を彩ることができました(^^)v みんなの願い、叶いますように(^_-)

ぴーまん

朝のお手伝い。すみれ組さんが、調理室の前で “ピーマンの種取り” をしてくれました(^^♪ 子どもの苦手な食べ物の筆頭にあげられるピーマン(-_-;) こうして実際に触れてみたり、匂いを感じてみることで、より身近にそして美味しく食べられるようになると嬉しいですね(^_-)

何色かな?

ちゅうりっぷ組では、給食食材『玉ねぎの皮むき』にチャレンジしました(^^)v 結構大きなサイズを一人1個ずつ担当。最初は茶色い皮をまとっていますが「中の色は、むらさき?オレンジ色?」と想像力を働かせながら、指先を上手に使って一枚一枚集中して剥いていきます(p_-) 下から中身が見えてくると「でてきた~」「白と黄緑~」「においする~」と歓声をあげておりました。 「何の給食になるんだろ~ね」と朝から楽しみにしていたちゅうりっぷさん達であります(笑)

健康管理(^_-)

保育園では、年に2回 斎藤嘱託医から “園児健康診断” をしていただいています。この日(6月30日)はその1回目でした。 気温が今一つ上がらない天候が続くせいか、先生も「特に気になる子はいませんでしたが、喘息っぽい子どもさんもいるようですね」と話されていました。 梅雨時の気候は、大人でも衣服の調節が難しいもの。子ども達の健康管理には気を配ってあげたいものですね(^^♪

やきそば 大成功!!

6月24日、さくら組のクッキング『やきそば作り』です。3つのグループに分かれて取り組みました(^^)v キャベツ・ピーマン・玉ねぎを手分けしてちぎる。ホットプレートに入れる。数をカウントしながら待ち…混ぜる、混ぜる。 ウィンナー、麺を入れ…混ぜる。何度も数えて混ぜる、混ぜる…を繰り返しました(笑) じゅうじゅうという音、立ち上る湯気、ソースの香りなど、普段のお部屋にはない素敵な感覚。それはそれは、大変おいしくいただくことができたのであります(^^♪

目と耳で確かめる

4月からスタートした “交通安全教室” も、この日(6月23日)が3回目。いよいよ実際に市街地を歩いて学ぶ段階です。 さすが梅雨どき。小雨が降る中でしたので(-_-;)レインコートを着用し歩くコースもやや短縮して実施しました。交差点や信号機がない横断歩道など、一つひとつ立ち止まって左右を確認し、しっかりと手を挙げて歩く体験(^^ゞ 駅前交番のお巡りさんや交通指導員の方々に守られながらではありますが、やはり緊張感が漂い真剣な表情で取り組む姿が見られました(p_-) 帰園後は、警察の方から「車の事故に遭うととても痛い思いをします。自分の目と耳でしっかりと確かめながら歩くことが大切です。スーパーなどの駐車場を走ったりするのも危険ですよ」と、とても大切なことをご教示いただきました。 子ども達の交通安全に対する意識も多少変わったかと思いますが、時間の経過とともに忘れがちになりますので、大人が繰り返し声をかけてあげたいものですね。

最新記事
アーカイブ

Copyright(c) 2016 社会福祉法人久慈福松会 久慈保育園 All Rights Reserved.