“冬の味覚”


はい。三陸の冬の味覚、新巻鮭でございます。給食の先生が、子どもたちに見せてあげようと持って来てくれました。

調理室前に展示されると、早速触ってみたり、匂いを嗅いでみたりと興味津々の様子。「ボクの家にもぶら下がってるよ!」「今日の昼ごはん?」「イクラって鮭のこどもでしょ」「こ〇ど商店にあるけっえよ」などなど(笑)、様々な反応が見られていました。

そのうち、もも組まで出張サービスした新巻さん。恐る恐る触れてみたり、「コワイ…」と泣き出してみたりと、これまたいろいろなリアクションでした。

普段は、切り身の状態で目にすることが多い魚ですが、こうしてオリジナルに近い姿を見ることができるというのも大切なこと。残念ながら新巻鮭は給食には出ませんが、今月の献立には鮭を使ったメニューがいろいろと取り入れられていますので、思い出しながら味わってほしいと思います(^^♪

子どもたちがワイワイ見入っている後ろで「やっぱり新巻はウマいよね~」と、大人たちの楽しそうな会話も弾んでおりましたよ(^_-)

最新記事
アーカイブ

Copyright(c) 2016 社会福祉法人久慈福松会 久慈保育園 All Rights Reserved.