“だし”って おいしい


この日は、すみれ・たんぽぽ・さくらの3クラスがホールに集まってクッキング。

一般社団法人和食文化国民会議が募集する『だしで味わう和食の日』の企画に呼応した初めての取り組みです(^^)v

先日さくら組で行った「米づくり」や「18日のコメの日」などとも絡めて “楽しく和食を味わってみよう” と、調理の先生・クラスの先生の強力タッグで実現しました。

「だし」って何?どうやって作るの?というお勉強からスタート。実際にかつおだしの取り方を見学したり、試飲もさせてもらい「おいし~♡」と だしそのものを味わう体験をしました。

その後は、テーブルごとにおにぎり作り。ラップの上にごはんと具材をのせてもらい、それぞれ上手に包んでキュッキュッと握ってできあがり。

さくら組さんは、ごはんの中に自分たちが手がけた玄米を発見して喜んでおりました(p_-)

この日の献立『大豆と昆布の煮物』や『せんべい汁』など だしが利いた美味しいおかず+自作のおにぎりで、和食の素晴らしさを見直す良い機会となりました(^_-)

最新記事
アーカイブ

Copyright(c) 2016 社会福祉法人久慈福松会 久慈保育園 All Rights Reserved.