お米の手間


9月末に刈り取りをしたさくら組のバケツ稲。運動会が済んで乾燥も済んだところで、お米にするための作業に移りました(^^♪

まずは “脱穀”。逆さにしたビンに稲を挟んで『ズズズズッ』と引っ張ると、モミが外れます。

続いての “モミすり” は「すり鉢&軟式ボール」を使って、少しずつゴリゴリとすりあげて行います。

普段食べている精白米との色の違いも観察できました(p_-)

毎度のことながら、そんな地道な作業を続けること1時間余。みんなで一生懸命働いても、仕上がった玄米はわずか茶碗一杯分です(^_^;)

「お米にするのって、めっちゃ大変~」と、かかる手間に驚くと同時に、一粒一粒のコメを大切にする理由も理解できたようです。

さぁ、11月18日(月)にはこのお米も使って『おにぎり作り』+αのクッキングだぜ!

最新記事
アーカイブ

Copyright(c) 2016 社会福祉法人久慈福松会 久慈保育園 All Rights Reserved.