『大切な命』を守る


今日は避難訓練の日。事務室にある防災無線によって、近隣で火災が発生していることを承知した…という想定で、ホールに全員集合していつでも避難できる体制をとる訓練をしました。

さすがに1年を通して訓練を繰り返してくると、放送の内容や先生の指示をしっかりと聞いて、迅速かつ整然と行動することが身についたようです。「一人に一つずつしかない大切な命。しっかりと自分で守ることができるようになるのが避難訓練のねらいです。」とお話ししたところ、子どもたちは真剣に聴いてくれました。

先日も、保育園の近くで建物火災があったばかり。まだまだこれからも訓練は継続していきます。

最新記事
アーカイブ