心身不二


先日の坐禅の様子です。保育園での坐禅は10月以来と久々の感じでした。

「お正月にお餅をたくさん食べたのか、みんな身体が大きくなったようだ。『心身不二(しんじんふに)』と言って、心と体は別々なものではない。身体が大きくなったら心も大きくならないとダメなんです。そのために、こうしてじっと坐ることが大切なんです。」と理事長先生から諭された子どもたち。15分間しっかりと坐ることができました。

坐禅が終わってから「長い時間坐ってれば良いというものでもない。短い時間でも集中して坐ることが大事だからね。」と、子どもたちの様子をお褒めいただきました。

最新記事
アーカイブ

Copyright(c) 2016 社会福祉法人久慈福松会 久慈保育園 All Rights Reserved.