放水始めっ!


給食室で火災が発生したという想定で避難訓練を行いました。

サイレンの音が鳴れば『園内出火』、鐘の音なら『園外出火』という違いが理解でき、放送による指示もきちんと聴くことができました。

また、訓練を通して『立ったままの姿勢でしっかり靴を履くこと』が避難時には大切であることが明らかになりました。日々の保育の中で意識していく必要がありそうです。

今日は久慈消防署の方々にもお越しいただき、訓練の講評のほか消防車両による放水の様子を見せていただきました。天候によりベランダからの見学となりましたが、高々と上がる放水の迫力に「わぁ~っ!」という大きな歓声。これを見ると、「消防士になりたい」という子がグッと増えます(笑)

昨日は市内で建物火災が発生しました。火災を起こさないように、子どもたちが安全に過ごすことができるように気をつけたいものです。

最新記事
アーカイブ

Copyright(c) 2016 社会福祉法人久慈福松会 久慈保育園 All Rights Reserved.