今こそ “火の用心”


12月の避難訓練は、自由遊び中にボイラー室から出火という想定で行いました。

担任保育士以外でも、近くにいる先生の言うことを聞いて避難行動できることが一つの目標です。

全体で避難・お話を行った後は、各部屋で防火の紙芝居を見たり、火元となったボイラー室を特別に見学して改めて注意を促したところです。

寒さが本格的になると同時に空気も乾燥しています。先日は市内で建物火災があったばかり。

火の取り扱いは一段と気を引き締めたいものです。


最新記事
アーカイブ