劇のお稽古

3月8日の “お別れ会” に向けて、すみれ組・たんぽぽ組は劇を披露するので、今は稽古の真最中。 すみれ組の出し物は『にんじんさんはなぜあかい』。 にんじん、ごぼう、だいこんのチームに分かれ、とても元気良く歌ったり踊ったりして楽しそうです。 ただ、それぞれ野菜のお面を被っているのですが、色がカラフルに塗られているため、油断していると何の野菜だったか見間違えそうです(・・;) たんぽぽ組は『かさじぞう』に挑戦。 何と言っても大所帯のたんぽぽさんなので、配役やセリフの割り当てにも工夫が必要になります。 まぁ、芸達者な子が多いので仕上がりが楽しみです(^^♪ お世話になったさくら組のお兄さんお姉さん達に喜んでもらえるように、さらに練習に励まなくちゃね。

氷の家?

朝の外遊び時間、土手の方が賑わっておりまして「何やってんの?」と近づいてみたら、氷の塊を集めて積み上げる作業中でした。 イメージとしては、年中雪や氷に閉ざされる国に見られる『イグルー』と呼ばれる氷の家ですかね。 ただ、氷の塊は様々な大きさや形なものですから、何とも不思議な構築物になったようです(^_^;) それにしても、先生と子どもたちの手にかかれば、何でも楽しい遊びになるんですね~(^^)

大きくなったかな~

保育園では、毎月末に身体測定を行っておりまして、身長・体重の数値はおたより帳で保護者の皆さんにお伝えしています。 日々一緒に過ごしていると、案外 体の成長に気づき難いものですが、数字で見るとすくすく育っていることが確認できます。もうすぐ今のクラスで1年になるので、より成長の度合いがわかりますね。 また、子どもたち自身も、自分の身体の成長や発達に関心を持つ機会になり、健康を大切にしようという意識が高まるので大切な取り組みだと考えています(^^)v

“猛獣狩りに行こう”

たんぽぽ組の運動あそび “猛獣狩りに行こう” の様子。先生が出題した動物名の文字の数だけ集まる遊びです。『ライオン』なら4人、『トラ』なら2人という具合に、動物の名前を聞いて人数を自分でカウントし、友達と手をつないで集まります。 ♫もうじゅうがりにいこ~よ♫ という先生のかけ声に続いて、子どもたちがテンポよく繰り返していきます。先生が「ゴリラ!」と言えば、「3人だ」「3人!」と無難に集合。「カンガルー!」では、「4人?」「いや5人だっ」と、これまた何とか完成です。 とどめの「ハイイロオオカミ!」のコールでは、一瞬「?」「?」「…」「…」「!」「8人だ~!」と、多少間をおいて一気に動きが加速しておりました。頭と身体を使って楽しんだようです(^^♪

リメイク家電

先日、ドラム式洗濯機がもも組さんに納品されてから数日あまり。 みんなで一生懸命お洗濯ごっこをしたので、予想どおり買い替えに…と思いきや、今度は “電子レンジ” に姿を変えて登場(@_@;) 朝から食品を『チン』する遊びが流行っていました(^^♪ 市販のおもちゃも良いですが、こういう工夫も大事ですね。子どもたちが集中して遊んでいる様子を見ると、良く分かります。 ただ「今度は1週間くらいもつかな~」と製作者は心配しておりましたが(笑)

また雪国☃

朝、目が覚めて外の積雪に「ワォ!!」と驚いた方も多かったのではないでしょうか。 油断してましたね(^_^;) せっかく “雨水” とか春めいた話題を載せたばっかりなのに…。 それでも子どもたちは、屋根からの粉雪が舞う中、果敢に雪遊びに興じておりました。いや~元気、元気。 これは『お地蔵さん』だそうです。今のたんぽぽ組さんらしい作品。 こちらは『ケーキ屋さん』ですって。楽しそうだね~(^^)

雨水

『雨水(うすい)』とは、二十四節気の一つ。降る雪が雨へと変わり氷が解けだす頃だそうで、園庭もかなりビッチャビチャな状態になっています。 今日は、欠席の子がいない全員登園のうれしい週明け。集会では、『折り紙の使い方』について先生からお話がありました。 どうしても園舎の中で遊ぶ時間が多くなりますので、いろいろと約束ごとを確かめ合ったり工夫しながら過ごしていきたいと思います。 そんな訳で、天気が今ひとつパッとしないので、もも組さんたちのめんこいショットの力を借りて心を明るくしましょ~☀ みんな表情が豊かになりました。元気をもらえますね(^^)v

走った走った^^;

今年度最後のキッズサッカー。グランドコンディションが悪いため、室内で行いました。 サッカー大好きな子が多いので、みんな張り切って応援したりボールを追いかけたりと、本当に楽しそうに汗を流していました。 手狭なスペースで怪我などしないか…と若干心配もしましたが、思い切り走っている割には、友達にも壁にも衝突することなく、上手によけたりスピードダウンして試合に熱中。そんな姿を見て、脚力、体幹、全身のバランス感覚が育ったんだなということを実感しました。成長が目に見えるって本当に嬉しいですね!(^^)!

涅槃会

2月15日はお釈迦さまがインドのクシナガラの地で亡くなられた日。80歳だったそうです。“涅槃会(ねはんえ)”と言って、毎年この日にはお寺に行ってお釈迦さまを偲びます。 沙羅の木の下に横たわるお釈迦さまの周りで、多くの人や動物が悲しんでいる様子の掛け軸(『涅槃図』と言います)を見せていただき、焼香・礼拝をしてきた子どもたち。少しの時間でしたが、『心静かな安らぎの境地』の一端に触れることができたようです。

おひなさま

雛人形を飾りました。立派な七段飾りがステージに鎮座してとても華やかです。 だいぶ年季の入った雛飾りで、ベテランの先生が「私が小さい頃からあったはず…」とおっしゃってましたので、かれこれ〇十年もの歴史を刻んできた代物になります(・・;) よく見ると、所々壊れたり部品が欠けていたりしますが、先輩の先生方が毎年大切に飾ったり片付けたりを繰り返しながら、子どもたちの目を楽しませ、今日まで受け継がれてきた逸品です。これが並ぶと春が近づいていることを実感します。 女の子のためのものではありますが、男の子も含めて、子どもたちの健やかな成長と幸せを願いたいですね(^^♪

野菜をたべよう

はい、本日の食材あてクイズ。正解は『パプリカ、ピーマン』と『里芋』です。 パプリカは正解率が高かったのですが、里芋は「にんにく?」「しいたけ?」「じゃがいも?」など、思いのほか正解者が少なかったですね(^_^;) 実は、今日の集会で「この時期の野菜は、甘みがあって美味しく栄養がたっぷりなので、丈夫な身体になるように野菜をしっかり食べましょう。」というお話をしました。 すると、早速さくら組では今日の給食メニューに何種類の野菜が入っているか調べて教えてくれましたが、その数10種類(!)。後で、調理の先生にチェックしていただいたところ、あと1種類入っていたそうです。さて、何でしょうかね(p_-) 家庭でたくさんの種類の野菜を摂ることはなかなか難しいものですが、栄養価の高い“冬の野菜”をしっかり食べて、風邪などひかずに過ごしてほしいものですね(^^)/

お洗濯(^^ゞ

もも組さんのお部屋に “ドラム式洗濯機” が登場。やや小型ですが、先生のオリジナル・ハンドメイドです。 早速エプロンを身に着けた小さいママたちが、お洗濯ごっこを楽しんでいました。 タオルを洗って、物干しにかけて洗濯バサミで留めます。乾いた頃を見計らって取り込み、きれいに畳んでまた洗濯機へ…これを何度も繰り返しますが、手際の良い子はさっさっと上手に畳み “いいお母さんぶり” を発揮していましたね(^^)v その後、男の子たちも洗濯遊びを楽しんだのですが、やや手荒い洗濯になったようで、あと2~3日で洗濯機も買い替えが必要になるらしいです(・・;)

チャレンジ・すみれ

すみれ組、今日は雪遊びからちょいと気分を変えて“クライミングウォール”に挑戦しました。 先生と使い方のお約束をしっかりとしていざ体験。「これを頑張ってやっていると、腕の力、足の力、お腹(上肢)の力がつくんだよ~」と励まされながら取り組みました。 年齢的に、まだ自分の力だけでは支えきれないので先生の手伝いが必要なのですが、それでも手足にギュ~っと力を込め、頬を紅潮させながら何とか最後まで進んでいきます。無事ウォールから降りると、「ふぅ~」と安どのため息をついておりました。(上方向や横方向に進むよりも、下方向に降りるのが案外難しそうでした。)繰り返し練習しながら、身体を移動させるコツと体幹の力を身につけてほしいですね。 そういえば、先日ボルダリングのジャパンカップで最年少優勝した選手は岩手県の子でしたね。もしや、このチャレンジをきっかけに、第一線で活躍する子が当保育園から出ちゃったりして…などと淡い期待は抱かないことにしましょう(笑)

またオニ?

2月生まれ5名の誕生祝いをしました。(残念ながらお休みだった子も、来月お祝いするからね。) 恒例のインタビューも、張り切って答えたり、先生やお姉ちゃんの助けを借りたりと “その子らしい今の姿” が見られました。 続いて、お楽しみのトップを飾ってくれたのはちゅうりっぷ組。『秘伝ラーメン体操』を元気たっぷりに踊ってくれました。 この日のために何回も練習を重ねてきた甲斐あって、誕生日会の雰囲気がグッと良くなりましたね(^^♪ 2本目のお楽しみは、ペープサート『るすばん小ヤギの豆まき』。「オニはそと~♪」と、豆をまいて鬼を追い払う場面では、「どこかから、また鬼が出てくるんじゃないか…」と周りをキョロキョロする子が続出で先生たちの笑いを誘っておりました(笑) そして、今月からちゅうりっぷさんも一緒に参加しての会食です。 本日のメニューには2月らしく『鬼っこごはん』が登場。ホール用には大きな鬼の顔、小さいクラスの子たちには一皿一皿に鬼の顔をデコレーション。 みんなで「きれいに食べて、オニをやっつけよ~!」と、美味しく楽しくいただきました。とても手の込んだメニュー、給食の先生方には感謝感謝でありますm(__)m

『ね』

さくら組、手話教室の日でした。 毎回、子どもたちが先生を事務室まで迎えに来てくれる訳ですが、本日は希望者多数のため、男の子全員でご来室。さすがに10名の年長男子が事務室に揃うと、なかなかの迫力です(・・;) 体が大きくなったことが実感できて何だか嬉しかったですね。 今日は、お別れ会などで披露する手話ソング『ね』の表現を教えていただいたり、気分を変えてホールで手話を使った椅子取りゲームを楽しんださくらさん。手話の教室も残すところあと1回となりましたよ~。

鬼はそと~!!

2月3日、豆まき会を行いました。何日も前から、この日が気がかりだった子が多く、ドキドキしながら迎えた節分です。 それぞれお部屋で作った鬼のお面やマスを持参してホールに集合。自分たちのお面を紹介したり、節分や豆まきのお話を先生から教えてもらいますが、いつ鬼が来るかとソワソワ。まさに“心ここにあらず”という感じの子どもたち(^_^;) ついに鬼が登場すると『ギャ~!!』と叫び逃げる子もいましたが、負けじとみんなで鬼に向かって豆を投げ、無事に追い払うことができました。昨年までは、ただ泣きじゃくるだけだった子も、逃げたい気持ちを克服して果敢に豆まき。おこりんぼオニ、ねぼすけオニ、泣き虫オニなど “自分の中に住むオニ” を退治することができたようです。 お部屋に戻ってからは、ツノがついた“オニギリ”や“恵方巻き”を作って食べたりと、節分らしい一日を過ごしましたよ(^^)

あ~楽しい!(^^)!

道路の雪はだいぶ解けてきましたが、園庭ゲレンデは今日も良いコンディション(^^♪ ちゅうりっぷさんも雪遊びを楽しみました。 最初はソリすべりを怖がっていた子も、徐々にその楽しさがわかりはじめると、歓声を上げて何度も何度も滑走するスリルを味わっていましたね。 子ども用のスコップで、少し軟らかくなった雪をザクザクと掘ってみたり、雪解け水たまりでバシャバシャしたりと “冬の外遊び” を堪能できたようです。 当然、防寒着は濡れてしまいますが、床暖房のフロアーに広げておくと、いいあんばいにウエアは乾きホールは加湿されるので、正に一石二鳥なのであります(^^)v

最新記事
アーカイブ

Copyright(c) 2016 社会福祉法人久慈福松会 久慈保育園 All Rights Reserved.