稲刈り(^^ゞ

『バケツで育てた稲』も出穂して約50日が経過、穂の全体が黄金色になって頭が重そうになってきたのでいよいよ収穫です。 運動会練習の真っ只中でみんな忙しいところ、さくら組さんが寸暇をさいて収穫してくれました。刈った稲は10日ほど干した後、脱穀やもみすり、精米の真似ごとをしてみる予定です。さてさて、ちゃんとお米ができているか?お楽しみです(^^)

がんばれがんばれ

今日はホールで『玉入れ』の練習をしました。運動会モードへのスイッチが入りやすくなっているためか、気合いたっぷりの子どもたちは、限られたスペースながらも一生懸命投げ、一生懸命数えておりました。懸命さゆえ、惜しくも負けてしまって悔し涙を流す子もいましたが(^_^;)、それも真剣に取り組んでいる証し。「次は頑張る!」とリベンジを誓っていたようです。 運動会の約束ごとの一つとして「自分が競技に出ていない時は、しっかりと友だちを応援しよう」と言うことを子どもたちに話しています。その甲斐あってか、大きな声援が園内に響き渡った一日でした(^^)

エビ♪カニ♪

今日は雨降りか…と思いきや、うれしい誤算の曇り空。お外で存分に運動会の練習ができました。 ちゅうりっぷ組・もも組さんのダンス『エビカニクス』です。この『エビカニクス』はケロポンズという2人組音楽ユニットの曲で、YouTubeでも再生回数が1400万回を超える(!)という、保育業界では“鉄板ソング”とも言われているようです。テンポの良いリズム、コミカルな振り付けは子ども達に大人気で、多少ご機嫌ナナメだった子も、イントロが流れると元気に身体を揺らして踊り始めます(笑) この曲なかなか耳から離れず、ふと気がつくと、「エビ♪カニ♪ エビカニエビカニ Whoooo!」とお決まりのフレーズが、休みの日でも頭の中で鳴ってしまうこの頃です(^_^;)

年長ならでは

運動会にはいろいろな見どころがあるのですが、年長さくら組の『鼓隊演奏』も注目プログラムの一つです。春になってリズム打ちからスタートし、スティックの持ち方や太鼓の叩き方を学んだり、行進の仕方やリズムのとり方を反復練習しながら、今では本番の動きと楽曲に合わせた演奏をする段階まで進んできています。 父母の会の皆さんに購入していただいたキャリングホルダーに太鼓をセットして装着すると、最初は「お、カッコいい!」と満足気でしたが、次第に「重い…」「疲れる…」といった声も聞かれます。何しろホルダーと太鼓をあわせると3kgほどになるので、子どもの身体に結構な負荷がかかるのです(^_^;) でも、それを乗り越えて、みんなで心を一つにしてやり遂げるところにこの演技の醍醐味がある訳で、毎日の練習も熱を帯びてきています。さらに頑張れるように、多くの方々から激励していただけるとうれしいですね。たんぽぽ組のみんなも「さくらさん、カッコいい~」と憧れの視線で見つめていましたよ(^_-)

忘れないように

これは理事長の書で、調理室勝手口のすぐ脇に掲示してあります。 当たり前のようなこと、わかっているはずのことでも、ちょっとした出来事や心境の変化で忘れてしまうことも多いものです。ときどき、こういった書を読み直して「そうだったな」と振り返ることって大切なのかも知れませんね。 今日は約2ヶ月ぶりの坐禅の日。最近は運動会の練習などアクティブな取り組みが多い中、しっかりと『静の時間』を体感することができました。 さくら組さんはもちろんのこと、たんぽぽさんたちも集中して坐ることが身についてきており、理事長先生からも「良くできましたね」とお褒めの言葉をいただきました。これも、一人ひとりが成長してきたことの現れだと思います(^^)

【バザーやります!】

開催を延期しておりましたバザーですが、次の日程で開催することといたしましたのでお知らせいたします。 なお、いかんせん開催日が涼しい(寒い)時期になることから、次のとおり一部内容を変更する事項がございます。ご理解・ご協力を賜りますようお願いいたしますm(__)m 1 開催日時 平成28年11月13日(日) 10:00~14:00 2 変更となる事項 ①食堂メニューの「冷やしうどん」を「(温かい)うどん」に変更します。(食券はそのまま使用します) ②屋台メニューの「かき氷」を中止します。 ③期日の変更に伴い、当日ご来場になれない方については、食券の払い戻しに応じますので、11月11日(金)までにご購入済みの食券をご持参のうえ事務室にお越しください。

落葉のコラージュ

秋分の日も過ぎ、秋の気配が深まりはじめましたね。すみれ組では、園庭の落ち葉を拾い集め画用紙に貼って遊びました。いろいろな葉っぱを拾いながら、色付いた葉に「どうして黄色になったのかな?」とか、穴の開いた葉には「誰が食べたのかな?」「お腹いっぱいになったかな?」などと、想像を膨らませながら楽しんだすみれさんたちです。秋ならではの遊びや楽しみ、これから増えていきそうですよ(^^♪

“表現力”を養う

今日は、さくら組の手話教室の日でした。 その日のお当番さんが事務室にやってきて、「おはようございます」「よろしくお願いします」「お部屋へどうぞ」と、はにかんだり微妙な手話をおりまぜたりしながら、先生を自分たちの部屋にご案内してスタートします。 子どもたちの手話に対する集中ぶりは以前からお伝えしているとおりで、今日もしりとりや自分たちがお部屋で歌っている歌などの手話を通じて、たくさんの表現を学びました。 「手の動きも大事だけど、顔や表情も真似っこしてみてね~」と大切なポイントもご教示いただきました。こんな学習を続けていくことによって、『豊かな表現力』を身につけてほしいと思います(^^)v

『やり遂げる』

半袖だと朝夕寒いし、長袖でちょっと動くと暑いし(・・;)…衣服調節が難しいここ数日ですね。澄んだ青空の下、今日も運動会の練習に励んでいます。 開会式に行う体操、今年は『びっくりBINGO!』という曲で、“みんなでつながろう”というメッセージが詰まった明るくポップなダンスです。「ビンゴッ!!」というかけ声も、徐々に元気良く揃うようになってきましたが、クオリティーをさらに向上させるため、まだまだこれから繰り返し練習していきます。 体操のあとは『かけっこ』の練習。さすが、年齢が上がるにしたがって「よーい」のポーズもカッコよくなってきます。 運動会の取り組みにあたって、子どもたちには『最後までやり遂げること』を約束の一つとして話をしています。負けても、疲れても、途中でやめたり諦めたりしないで、最後までやり遂げる。そんなことを日々の練習を通じて繰り返すことによって、身体も心も強くなれるように…と願いながら子どもたちと頑張っているところです(^^)v

けんけんぱっ

少し前の写真ですが、ときどき園庭に登場する『けんけんぱ』。先生たちが“さささっ”とラインを引いてくれると、何も言わなくても子どもたちはピョンピョンと跳び始めます。 バランス感覚やリズム感を養うことができるらしく、幼少期の運動神経を伸ばすのにも効果的なようです。『遊びながら楽しく体を動かす』って大事ですよね。 そういえば、この間まで「トントントントン 〇〇ノニトン♫」っていうテレビCMも流れてましたが、リズミカルに片足でジャンプするのって、慣れないと難しいんですよね。お家でもやってみてください(^^♪

“待つ”ということ

運動会に向けた取り組み、もも組1歳児クラスです。 定番の『かけっこ』ですが、このくらいの年齢の子にとって、スタートの号令がかかるまで、じっと “その場で待つ” という行為は案外難しいのです。今は、一人ひとりの呼名に「はい」と返事をしてスタートラインに立ち、『よーいどん』の合図で一斉に駆け出して走りきる…という練習に励んでいます。 ゴールには、大好きなアンパンマンのゴールテープが待っている訳ですが、なぜか手前で止まってしまい、じっと絵に見入ってしまう素直なももさんたちであります(笑) さて、本日のサービスショットです。「中止は残念だけど、気分だけでも “お祭り” だね!」

慌てず迅速に

今月の避難訓練。もも組調乳室からの出火想定で、職員玄関を通って小鳩公園に避難するという訓練を行いました。今のクラスになって半年が経過していることもあってか、『放送や先生たちの指示をよく聴く』ということが身についており、非常放送のアナウンスにもほとんど泣くことなく、静かにかつスムーズに避難行動が行えました。また、以前の訓練で課題として挙げられた『しっかりと靴を履くこと』の大切さについて、今一度確認し合ったところです。 ・立ったまま履く ・手(指)を使って履く ・左右を間違えない ・マジックテープをしっかりとめる ・かかとを踏まない など、これからの保育の中で習慣づけていきたいと思います。

【注意喚起!】

保育園近くの空き家(職員駐車場側)に、『スズメバチの巣』があります(>_<) 登降園などの際は、充分にご注意ください!!

いそがしいよ~(^^ゞ

久しぶりに、もも組0歳児クラスの様子です。 それぞれに成長著しく、歩きやつかまり立ち・ハイハイなどのスピードや力強さが向上しており、お部屋の中が忙しい感じになってきました。 何しろ、高いところや狭いところでもむりむりとチャレンジしたり、お互いのテリトリーもお構いなく、お友だちが使っている物も拝借したりするものですから、あっちで「キャ~」、こっちで「ア゛~」と、目と手が離せません(@_@;) とは言え、カタコトの言葉を発したり、呼びかけにかわいいリアクションをして見せては、「上手だね~」と大人たちを笑顔にしてくれるもも0さんたちであります。

“園外保育”

さくら・たんぽぽ・すみれさんたち、今日は“園外保育”でお出かけをしてきました。 当初は巽山公園に行く予定でしたが、雨模様のため計画を若干変更し『やませ土風館』にお邪魔することにしました。2階の『レトロ館』を見学させていただきましたが、意外にも「初めて入った!」という子が多く、昔のおもちゃやら生活用品やら“昭和の懐かしい展示物”に興味津々。ここまで反応が良いとは正直思いませんでしたね(^^)/ 次の目的地は、昼食場所の長福寺『松峰閣』です。お寺の参道を、よいしょよいしょと登って松峰閣に到着。だだっ広い畳敷きの部屋に、カラフルなシートを広げて一休み…と思いきや、さくら組さんがサプライズで “おかしやさんコーナー” を開設してくれました。さくらさん、実はここに来る前に土風館の駄菓子屋さんでみんな分のおやつを調達。マーブルチョコや、うま〇棒、ラムネなどいろいろなお菓子にたんぽぽさん、すみれさんも大はしゃぎでした。 そして、何よりも楽しみにしていたお弁当タイム。お互いに見せ合ったり、口いっぱいに頬張ったりとうれしそうにいただいていました。それにしても、相変わらずキャラ弁のクオリティーの高さには驚きますね(・・;) あいにくの天候ではありましたが、ちょっとした計画のアレンジにより結構思い出に残る一日になったのではないかと思います。いろいろと準備くださった保護者の皆さん、何かとご配慮いただいたやませ土風館さん、久慈っ子本舗さん、ありがとうございました!(^^)!

白露(はくろ)

朝晩、少しずつ冷たい空気を感じるようになりましたね。今の時期を『白露』と言うそうです。 さて、今日は月曜日。新しい一週間が賑やかに始まりました。 集会では『見通しをもってメリハリのある生活をしよう』ということについて、時計の模型を見せてもらいながら学びました。好きな遊びに熱中したり、あまり気乗りしない活動があったりすると、どうしても次への行動に移ることがスムーズでなくなることもある訳ですが、そこは集団生活。一定の時刻によって、区切りをつけていくことも大切なんだよ~ということを子どもたちと確かめ合いました。 また、10月15日に予定している運動会に向けての取り組みもスタートしています。 さくら・たんぽぽ・すみれさんは、3クラス混合でのダンスを披露する計画。2つのチームに分かれて、それぞれの楽曲の踊り、立ち位置、フォーメーションなどを一つひとつ覚えている最中です。 これから日々の運動量も増えていきます。“ しっかり朝ごはん” がますます大事になりますよ~(^^)/

もっとやりたい~

6月以来、久々のキッズサッカー。この日は、天候の具合によりホールで行いました。 普段敷いているカーペットを撤去したので、みんなが気持ち良くプレーできるようにと、さくら組さんが雑巾がけをしてくれました。なんか、これだけでも充分なウォーミングアップみたいですけどね(^_^;) やはり、たんぽぽ組・さくら組ともサッカー大好きな子が多く、元気良く楽しく動けたようです。 「もっとやりたい~」という声が多かったので、次回からは整列時間を短縮できるようにしようね(笑) 毎度のことですが、サッカー協会の方々には、ご多用のところ熱心にご指導いただきありがとうございましたm(__)m

9月の誕生日会

今日は誕生日会。9月生まれ10名のお友だちの誕生をみんなでお祝いしました。 さすが、年度も中盤になってくると子どもたちも堂々としたもので、インタビューにもしっかり答え、その後、見学に来られたお家の方々とも泣くことなく笑顔でバイバイする姿が見られました。 お楽しみは、『“旬の食べ物” ペープサート』と、『一寸法師のテーブルシアター』。 ペープサートでは、果物や野菜、魚などで “一番美味しい季節はいつ?” をクイズ形式で答えるちょいとハイレベルな内容。キャベツ・いちご→春、トマト・もも→夏、サツマイモ・ぶどう→秋、大根・みかん→冬といった具合に、それぞれの旬を当てていきます。野菜や果物のうちはまだ正解率が高いのですが、魚シリーズになると、「カツオは?」「アユは?」「マグロ?」と?マークが増えまして、先生たちも首をかしげながら苦笑してましたね(^_^;) テーブルシアター。打出の小づちで一寸法師がぐぐぐっと大きくなると「おおっ!」と拍手が沸きました。 ホールでの会食では、すみれ組さんたちもバイキングから自分でおかわりをいただくことができるようになりました。もう、おかわりが嬉しくて、苦手なものも食べたり、何度もおかわりに歩いたりとご満悦のすみれさんでありました(^^)v 来月の誕生日会は、10月5日の予定ですよ。

今日の運動あそび

さくら組さん、今日はホールで運動あそびを行いました。最近取り入れているラジオ体操(何でも、“ご当地版ラジオ体操” とやらで、津軽弁や岩手弁、大阪弁、京都弁などのバージョンがあるらしいです)で、身体をほぐしてから変化をつけていきます。 『ポーズチェンジ』では、“おとうさん座り(あぐら)”や、“おにいさん座り(三角座り)”、“おねえさん座り(横座り)”、“おばあちゃん座り”など、先生の合図に素早く反応してポーズを変えることで敏捷性を養います。また、『負けたらくぐるよ』では、手のひらをしっかり床について自分の体重を支える感覚を身につけることにより、転んだときのケガの予防につなげるというねらいがあるそうです。 こうした運動あそび一つひとつにも意味やねらいがある訳ですが、何より楽しみながら取り組むことが大切なので、そこは先生の腕の見せ所。一緒になって汗を流しているところです(^^ゞ まだ蒸しムシと残暑厳しいですね。水分補給をしっかりとしていきましょう(^^)/

最新記事
アーカイブ

Copyright(c) 2016 社会福祉法人久慈福松会 久慈保育園 All Rights Reserved.